空き家対策パートナー

概要 お問い合わせ

ホーム » 空き家の管理サービス①(業者の使い分け)


空き家の管理サービス①(業者の使い分け)




空き家の管理サービスをする業者が増えています。具体的には、NPO法人・庭師・建設業者 不動産管理会社 教育関連(ヘルパー)会社などがあります。例えば、戸建てで庭の木々が伸びるのでお隣さんから苦情がくるようなケースであれば庭師さんに頼むことになりまが、空き家がある家が都内、地方によっても応する業者さんが一般的に違います。地方では、建設業者 不動産業者が副業で行うこともあるようです。

また、都心部に住んでいて、離れた実家に戻ることは少なく「空き家」のままの状態が、数年以上続いている方もいます。過去には、空き家の家に空き巣が入ってしまった現場で作業をしたこともありました。

gf1120413043x[1]

集合住宅でも、空き家の場合、郵便ポストに広告などが入らないよう、ガムテープを張ることがあります。ただ、一般の方から見ても空き家の状況だということがわかります。暮らしているところと実家が離れていて、防犯のことがきになる方には、大手警備会社などが扱う、「空き家管理サービス」があります。

カテゴリー: 新着

  

相続・住宅手続き相談

メディア掲載履歴

空き家対策パートナー:内藤プロフィール

ページのトップへ