空き家対策パートナー

概要 お問い合わせ お気軽にお電話ください:048-857-1188

ホーム » 終活の本

「家族に感謝される終活整理術」 空き家と終活の密接な関連性 サイト運営者の著書




こんにちは、遺品整理実績2150件以上、遺品整理に関する書籍6冊、
東日本で一番初めに、遺品整理の店舗を開始した業界のトップランナー、「遺品整理の埼玉中央」 相続診断士/終活カウンセラーの内藤久です。今日は夏に発売された自身の本からご紹介します。

家族に感謝される終活整理術

彩図社 内藤 久著

実家の不動産編(空き家問題)で、現場で起きていることがあります。

そこに書いたことは、今まで多くの「空き家の遺品整理」を行ってきましたが、空き家になってしまう理由は主には3つありました。

① 生前に親が実家をどうして欲しいか意向を聞けなかった。

② 思い出がある「実家」を売却したくない

③ 住む予定がなくても、他の人に貸したくない

誰も住む予定がない実家をどうしていいか判断がつかないと空き家に結びつくケースが多いということです。そのため、空き家と終活には密接な関連性があります。

ただ、ここで問題が発生します。

1.誰も住んんでいない実家にも固定資産税が発生する
2.戸建ての家の場合には、近所から空き家の状態を指摘される

本の第二章では~よくある遺品整理トラブルとそれを防ぐ方法~
お金編
不動産編
デジタル編
収集物編
その他編
不動産編で事例を紹介しました。

終活には「お金のこと・ご自身の持ち物(いずれ遺品になるもの)に加え、実家の不動産があります。

今まで2150件以上の遺品整理の現場で分かったことは、親が子供に実家の方向性を残しておくと、子供自身が判断しやすくなるので、持ち家が空き家に結びつくケースが軽減されます。

残された家族を困惑・呆然とさせるか、幸せな思い出に浸れるようにするかは、全て終活をする方の引継ぎ次第です!

サイト運営者 遺品整理の埼玉中央 https://ihinshori.com/

  

相続・住宅手続き

メディア掲載履歴

運営者プロフィール

ページのトップへ