空き家対策パートナー

概要 お問い合わせ

ホーム » 実家の片づけ、押さえておくべき親が経験したモノ不足、備え


実家の片づけ、押さえておくべき親が経験したモノ不足、備え




親が生まれた時代に「モノを大切にしなさいと躾」を受けていますので、使う前提であれば、
古い電話機なども、動くようであれば家電として利用することができます。

こちらで紹介するのは、戦時中の食糧難の時代と1973年(第1次)1979年(第2次)に 始まったオイルショック、
原油の供給逼迫および原油価格高などで、でトイレットペーパー洗剤などが手に入りにくい状況などを経験した世代では、
子供が不要に見えるものでも親の考えがあります。

前回、ご紹介した写真ですが、これには「まだ使える
ある日突然、トイレットペーパーが買えなくなったことを経験した「備え
2つの局面があります。

そのため、親のモノを今直ぐ捨てようとし、無理に片づけようとして
失敗するケースが多くあります。

ここでも押さえておきたいポイントは「親は今の状態に不自由をしていない」点です。
これを見逃してしまうと、実家の片づけが進まなくなります。

親ともめずにできるこれがリアルな実家の片づけです

カテゴリー: 運営者コラム

  

相続・住宅手続き相談

メディア掲載履歴

空き家対策パートナー:内藤プロフィール

ページのトップへ