空き家対策パートナー

概要 お問い合わせ

ホーム » 相続・住宅手続き

相続・住宅手続き




親の家 相続

ひと言で相続といっても、「相続税対策」「相続させる(される)」「ものを分配しやすいように整理する対策」など、その方によって事情が違います。
生前の対策として、生前贈与、遺言書を用意するようなときには、専門家に相談することになりますが、相談する相手がどれだけ親身になってくれるのか、その問題を解決する道すじをどれだけ具体的に示してくれるのか、相談する人によって対応が分かれます。

一般的に相続は、

  •  相続手続き
  •  遺産分配
  •  財産の名義変更
  •  相続税の申告(事業継続)

などの問題が発生します。

相続 住宅手続き 自宅売却

親が亡くなった後には、葬儀があると終わって落ち着く間もなく、次は相続手続きを行わなければなりません。
また、6割くらいの方に相続において不動産が絡んでくると言われています。
(※地域性が有)

専門家に寄せられる相談の一例

相談の一例として、

  •  親が遺言で自宅またはほかの所有不動産を売却して、金銭を子供たちで分けるよう遺言したケース
  •  親の遺言がなく何人もの子供たちが遺産分けを要求したので、自宅または他の不動産(遺産である不動産)を売却して金銭で分けるケース
  •  相続税を支払うために自宅または他の不動産(遺産である不動産)を売却するケース
  •  遺産である不動産を単独相続したが、事情(借金返済のためなど)があって売却するケース

などがあります。

このような状況があるため、相続する側としては、相談する専門家が個別に分かれているより、自宅の売却まで一括して依頼できる方が、相談者側の利便性が高まります。


各専門家と連携し、ワンストップサービスの窓口を行っています。

  

相続・住宅手続き相談

メディア掲載履歴

空き家対策パートナー:内藤プロフィール

ページのトップへ