空き家対策パートナー

概要 お問い合わせ

ホーム » 代表ご挨拶

代表ご挨拶




かつて家族と住んでいた実家が、いつか「空き家」になってしまったら、あなたに、悔いが残りませんか?
実家に暮らしている両親が、そこに住まなくなったとき、ホームに転居する場合でも、亡くなった後でも、実家を片付けることになります。
image
それが遺品整理となると、それまで不用に見えてきたモノが、親の証を消してしまうように感じ戸惑い、ささいなモノでも処分できなくなります。
そして、遺品が残ったまま「空き家」になっている光景と部屋の中をよく目にします。
状況はさまざまですが、大切なのは、親の財産、形見、実家をどういうかたちで、引き継いでいくかという事ではないでしょうか。

私たちは、1800件の実家の片づけを見てきた視点から、「空き家」問題にならないよう、あらかじめ、どんな対応と具体的な備えをしておくべきなのか、様々な情報提供や活動を行うことで、幸福な笑顔にあふれた人生に寄与すべく活動しています。

内藤 久プロフィール

1960年生まれ、東京出身。
パシフィック州大学(ロサンゼルス)短期大学卒業。

京王プラザホテル、シェラトングランデトーキョーベイホテルを経て、2000年にハウスクリーニング業を開業後、自ら実家の遺品整理を経験したことから、2005年に遺品整理の事業を本格的にスタート。

作業累計1800件以上。遺品整理会社を運営。

そして、実際に目にした550件以上の空き家を見てきた体験をもとに、空き家にしないための著書、講演、及びお客様サポート活動しています。

naito_photo

著書

「もしものときに迷わない遺品整理の話」(SBクリエイティブ)
「親が死んだときに後悔する人、しない人の実家の片づけ」(経済界)
10月に、3冊目の著書をディスカヴァー・トゥエンティワンより全国発売。

寄稿

週刊東洋経済「実家の片づけ」致知出版社「個人の想いを遺族に繋ぐ」
プレジデント「資産紛失、近隣クレーム混乱の現場とは」ダイヤモンド社「片づけと相続」
読売新聞東京本社「終活は今」など

※電話での対応はしておりません。
ご連絡の際はメールにてお願いいたします。
講演依頼・取材受付・お問い合わせは ⇒ こちらです。

空き家対策パートナー
埼玉本部 〒338-0013 さいたま市中央区鈴谷2-794
東京支部 開設準備中
商標登録第094945号「空き家対策パートナー」は、商標登録です。

  

相続・住宅手続き相談

メディア掲載履歴

空き家対策パートナー:内藤プロフィール

ページのトップへ